2011年09月19日

オスグッドについて5

「オスグッドについて4」を行ったあと、
ふとももの前、後ろ、両サイドに下記のことを行います。
指の腹で皮膚の表面を滑らせるように触る。
弱い刺激で行うことで効果が出ます。
指先を立てたり、強すぎたりしないよう、指、手首の力を抜いて、
優しくからだのラインに自分の指が常に平行に当てます。
からだから離れるときに、指が立たないように最後まで触れます。
小さな範囲をやるというよりは、大きな面積をやるという感じで。
受け手が心地よく感じ、気持ち良いと感じなければ効果がありません。
痛みのあるところがあったら、そのポイントより遠いところから、
少しずつ近づけて擦ります。立って行うときに相手のからだが揺れるようでは、
刺激が強すぎます。
一箇所1、2分を限度に、または30〜50回を目安に行ってください。
短い時間の方が効果があると思ってください。
同じ箇所を続けて行う場合は30分は空けるようにしましょう。
コツとしては、ホコリをはらうような感じで行います。
この軽擦法は、いろんなことに応用が利きます。痛いと思ったら軽擦法。

(実施における注意)
痛みが出ない範囲で動かしてください。痛みが強い場合は絶対にやらないでください。上記実施時間は10分以内としてください。間隔は30分以上あけて実施してください。実施においては無理をせず個人の責任の元に行ってください。万一、不利益が生じたとしても当方では責任を負いかねます。


では、また。

posted by じゅん at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | オスグッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/226600447
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。