2011年10月08日

自分ですよ8

痛みがあるとき皆さんはどうしますか?
グイグイと痛みのある部分を押しますか?もみますか?
その時どんな気持ちでしょう?
気持ちよい、イタ気持ちよいなどでしょうか。
押す、もむはその時は気持ちよいかもしれません。
ただ、本当に良くしているのでしょうか?
現代の常識は、押す、もむことによって筋肉をほぐすと考えられています。
聞いたことありませんか?「もみ返し
このもみ返しとは筋肉が嫌がっている証拠なのです。
脳は気持ちよいと思っても、身体は嫌がっているのです。
野生動物、ペットなどよく観察してみてください。
痛みがあると動物はじっと動かない。
犬などは、小屋にじっとしていませんか?
人間も動物です。
ただ・・・ちょっと違うのは、考えることのできる脳があります。
動かしたほうが痛みが痛みが取れると考え動かします。
よく言われるのが、四十肩、五十肩といわれる肩の痛み、
テレビ、病院などで重たいものを持って動かせとか、こんなストレッチが良いなど
運動療法で痛みを取ろうとします。
しかし、痛みはなかなか取れません。
反って痛みが継続したりします。
中には1年、2年と痛みを抱えながら生活している方もいらっしゃいます。
あなたはどうでしょう?
他には、膝痛の方。
病院等で歩きなさいとか、ご近所さんから「歩かないから痛みがでるのよ」と
言われていませんか?
それも、現代の常識のようになっています。
現状はどうでしょう。
歩いて痛みが取れましたか?
歩く量が少ないから取れない?運動量が少ないから取れない?と思っていませんか?
先ほども言いましたが、動かさない方が早く良くなるのです。
痛みは体の危険信号です。
それを感じてください。

続きはまた。




posted by じゅん at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。