2011年09月24日

秋季トーナメント

今年の秋の大会、秋季トーナメントも6.5年ともに終わってしましました。
6年は、Aブロックの大清水、3点リードで逆転され敗退。
5年は前トーナメントでもあたった羽根井、0−2で敗退。
5年は練習試合を含め3回、試合をしていますが、徐々に点差を縮めてきています。
今度対戦したときに期待がたかまります。
6年は、ミスなどまだまだ課題が多いようです。
あと、新春トーナメントのみとなってしまいました。
1年って本当に早く感じますね。
来年のトーナメントに向け猛特訓です。

では、また。
posted by じゅん at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

一生を変える小さなコツ

小さなコツで人生を幸せにするコツが書いてあります。
著者の野澤卓央さんは私と同じ大学の出身です。

メルマガも毎日で、読むごとになるほど!と心に響きますよ。

では、また。
ラベル:人生 コツ 変化 幸せ
posted by じゅん at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

速読の本

速読について興味のある方、
速読とは?
脳トレーニング
脳活性トレーニング
脳が若返るなど

速読で脳を活性化しましょう。

では、また。
ラベル: 速読 脳活性
posted by じゅん at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

ねんざ

足首を捻挫し、靭帯が切れているかも?と病院で診断される。
ギブスで固定、約3週間。
ギブスがとれ、足首を動かすと痛みがある。
ここで疑問。
靭帯が切れているのであれば手術して靭帯をつなげるのかなぁと。
調べてみると、靭帯損傷には段階があるようですが・・・。
あるサイトではギブスなどで固定し、自然に治ると書いてあります。
???納得がいきません。
切れたものが自然に戻る?????
ギブスが取れた時点で痛みが無くなっているのかと思えば痛みがある。
どういうこと?????

で、さっそく捻挫の痛みをとる施術。
どの方向に足首を動かしてもイ痛み無し!よかった!!!

説明できる方教えてください!
病院の診断ってどう?

では、また。
posted by じゅん at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 捻挫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

豊橋Tボールコスモス杯

昨日はTボール、コスモス杯が行われました。
雨の心配もありましたが、晴天の元、元気よく2試合子供達は試合をこなしました。
110919_1517~0002.jpg
一番下の娘の打席です。
110919_1519~0001.jpg 110919_1519~0002.jpg 110919_1519~0003.jpg

では、また。
posted by じゅん at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

オスグッドについて5

「オスグッドについて4」を行ったあと、
ふとももの前、後ろ、両サイドに下記のことを行います。
指の腹で皮膚の表面を滑らせるように触る。
弱い刺激で行うことで効果が出ます。
指先を立てたり、強すぎたりしないよう、指、手首の力を抜いて、
優しくからだのラインに自分の指が常に平行に当てます。
からだから離れるときに、指が立たないように最後まで触れます。
小さな範囲をやるというよりは、大きな面積をやるという感じで。
受け手が心地よく感じ、気持ち良いと感じなければ効果がありません。
痛みのあるところがあったら、そのポイントより遠いところから、
少しずつ近づけて擦ります。立って行うときに相手のからだが揺れるようでは、
刺激が強すぎます。
一箇所1、2分を限度に、または30〜50回を目安に行ってください。
短い時間の方が効果があると思ってください。
同じ箇所を続けて行う場合は30分は空けるようにしましょう。
コツとしては、ホコリをはらうような感じで行います。
この軽擦法は、いろんなことに応用が利きます。痛いと思ったら軽擦法。

(実施における注意)
痛みが出ない範囲で動かしてください。痛みが強い場合は絶対にやらないでください。上記実施時間は10分以内としてください。間隔は30分以上あけて実施してください。実施においては無理をせず個人の責任の元に行ってください。万一、不利益が生じたとしても当方では責任を負いかねます。


では、また。

posted by じゅん at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | オスグッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

オスグッドについて4

さて、今回はオスグッドの膝の痛みをとる方法をいよいよ公開です。

1、ふとももを両手で上下から挟みこむようにします。
osugudo01.JPG
2、次に、両手を軽く内側へひねります。ひねった状態で3秒静止します。 ふともものつけ根からひざまでの3ヵ所を3秒、3セット行います。
osugudo02.JPG
3、両手を軽く外側へひねります。ひねった状態で3秒静止します。

ふともものつけ根からひざまでの3ヵ所を3秒、3セット行います。

osugudo01.JPG
1日に朝、昼、晩など時間を決めて行うとよいでしょう。
また、たくさん行えばよいかというとそうではありません。

(実施における注意)痛みが出ない範囲で動かしてください。痛みが強い場合は絶対にやらないでください。無理をしないでください。上記実施時間は10分以内としてください。間隔は30分以上あけて実施してください。

実施においては無理をせず個人の責任の元に行ってください。
万一、不利益が生じたとしても当方では責任を負いかねます。


では、また。


posted by じゅん at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | オスグッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

オスグッドについて3

昨日は、骨盤を前後整える「足組法」を説明しました。
今回は「足踏み法」骨盤の上下を整える方法です。
骨盤の前後上下を揃えることで、膝の痛み、腰の痛み、肩の痛みなど和らいだり、
痛みが取れたりします。
「足踏み法」
立位で腸骨陵(ベルトが引っ掛かる場所)の水平差を診ます。
手を上から軽く添えて足踏みを10回行います。
足踏みが痛ければ、からだを左右に揺らせるだけにしましょう。
腰の筋肉に芯(コリ)が残るならもう少し内側に手を入れて行ってもかまいません。
shibumi01.JPG
※歪みの原因の関係で、この骨盤矯正では歪みが取れないケースもあります。
実施における注意事項
痛みが出ない範囲で行ってください。痛みが強い場合は絶対にやらないでください。
上記実施時間は10分以内としてください。間隔は30分以上あけて実施してください。
実施においては無理をせず個人の責任の元に行ってください。
万一、不利益が生じても当方では責任を負いかねます。


めちゃめちゃ簡単ですよね。
足組法と足踏み法で慣れれば1分で骨盤調整が出来ちゃう。
こんなやり方で?なんて思わないで下さいね!
私の施術所でも大活躍の足組法なんですから。

では、また。



posted by じゅん at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | オスグッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

オスグッドについて2

いろんなホームページにオスグッドについて書いてありますが、
だいたい小学校5年生から中学2年ぐらいの子がオスグッドになっているようです。
成長期に膝の粗面に痛みを感じ、骨が出てくる。
その部分を触ると痛い。曲げると痛い。ひどくなってくると歩くだけでも痛い。
はじめはチクチクと痛み、すぐ痛みが無くなるようです。
すぐ痛みが無くなるのであまり気にならない。
次第に痛みの出る回数が増え、粗面がでっぱって来る。
膝がチクチク痛みが出だしたら要注意です。
オスグッドになる子、なら無い子と同じ運動量でも違いがあります。
筋肉の硬い子、身体が硬い子、姿勢が悪い子などがオスグッドになり易いようです。
さて、今回は膝の痛みを取る前に、骨盤を揃えていきます。
経験上、膝痛の多くは膝が原因で痛みがでていると言うより、
骨盤のずれから痛みがくることが多いようです。
【足組法】
1、まず、動かないイスなどに真っ直ぐ浅く腰掛けます。
ashikumi01.JPG
2、内くるぶしをあわせ、かかとを揃えます。
ashikumi02.JPG
3、人指し指で膝の前後を比べます。このとき指(つめとつめ)がコツンとぶつかるようにします。斜めにならないように。
ashikumi03.JPG
4、膝のへこんだ側(短く見える方)を上に足を組みます。(上記写真は左足)
不可能の場合は足組ができる角度に膝をのばして組みます。手は写真のようにおきます。
ashikumi04.JPG
5、下にある手で軽く軸になっている足を軽くゆっくり10回揺らします。
ashikumi05.JPGashikumi06.JPG
6、揺らしおわったら再度検査します。(1の写真)そろっていたら終わりです。
ashikumi07.JPG
7、まだそろわない場合は再度(3回まで)5を繰り返します。
これで骨盤の簡単な揃え方です。
※歪みの原因の関係で、この骨盤矯正では歪みが取れないケースもあります。
実施における注意事項
痛みが出ない範囲で行ってください。痛みが強い場合は絶対にやらないでください。
上記実施時間は10分以内としてください。間隔は30分以上あけて実施してください。
実施においては無理をせず個人の責任の元に行ってください。
万一、不利益が生じても当方では責任を負いかねます。

では、また。


posted by じゅん at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | オスグッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

オスグッドについて

今日からオスグッドについてです。
今現在、膝が痛い。病院、接骨院などでオスグッド(成長痛)と診断された。という方必読です!
何度も、接骨院の電気、マッサージにかよっている、整形外科のリハビリにかよっている。
でも、痛みが取れない、変わらない。という子供がまだまだ、この豊橋には多くいるようです。
なぜ?痛みがとれないのでしょうか。
原因は整形、接骨院の先生方はわかっているようですが、
痛みの取り方がわからないから取れないようなのですね。
ウィキペディアからの説明です。
治療法については、ちょっと疑問が残りますね。
「現在は、リハビリなどを行う例が多い。キックやジャンプの動作は禁止し、理学療法を併用して対症療法を行う。」
と書いてあります。
対症療法・・・根本療法とは違い痛みに対してその場しのぎをしようというのです。
原因を根本的に取らなければ痛みは取れません。
その痛みを根本的に取り痛みをなくしていく方法をこれから説明していきます。

では、また。

posted by じゅん at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | オスグッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。